Header

穴のあいた靴下を再利用 アームカバーに作りかえてみた

2013年6月6日 木曜日 | Posted by キティ in 冷えとり生活実践編

IMG_3888.JPG

穴のあいた靴下を縫う&再利用の方法は841さんのブログを見ようという記事でも紹介しましたが、冷えとり靴下専門ショップの841さんのブログに靴下の再利用方法が色々掲載されていたので、私もやってみようと思いました。

リメイクしたのは、長男が履き古した5本指靴下。
親指の爪のあたりに穴があき、足裏の肺のツボがあるあたりが薄くなってしまいました。

スポンサーリンク

IMG_0596.JPG

で、カット!

かかとの下部分でチョキンと切りました。

左の靴下が表側、右の靴下は裏返しにしたものです。

IMG_0597.JPG

毛玉だらけの汚い靴下でごめんなさいね。
チョキンと切った端を三つ折りにして、かがり縫い。

黒い靴下に黒い糸で縫えば縫い目なんて気にする必要もなく、ざくざくざくざくあっという間に出来上がりますヨ。

この靴下は、シルクコットンの靴下で、ゴムもしっかり入っているタイプなので、アームカバーとして使ってもしっかりフィットします。
長男は私同様アトピーが少しあってすぐに手足が荒れてしまうので、これを使ってもらおう。包帯&ネットも買って使ってるけど、すぐよれよれになってしまうんだよね。この厚手の生地なら結構持つかもしれない。

IMG_0601_1.JPG
こちらが出来上がったアームカバー。モデルは長男(小4)です。
長男の靴下⇒長男のアームカバーへ。本人も「おお!すげー!ママが?手作りで?!」と驚いてました。(いや・・・そんな大したことはしてないよ・・・汗)

冷えとり用靴下は「高かったのにもう穴開いた!うわあああああ!」となるけど、再利用は、罪悪感が減っていいな。

【関連記事】
穴のあいた靴下を縫う&再利用の方法は841さんのブログを見よう
内絹外綿5本指ハイソックス届きました
高いけど息子に履かせている内絹外綿の冷え取りソックス

スポンサーリンク




この記事を書いた人
キティ
arrow063_06.png キティのプロフィールを見る
arrow063_06.png Twitterでキティ (@kitty_1977)をフォローする
arrow063_06.png 当サイトのフェイスブックページ
arrow063_06.png キティへのメールはこちら

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 You can leave a response, or trackback.

コメント欄

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*