Header

半身浴

2012年2月22日 水曜日 | Posted by キティ in 冷えとり生活実践編

冷えとり生活で生活にとりいれたもので大きいのは半身浴。
それまでもたまにしていたけれど、
ここまで毎日本格的にしてませんでした。

  1. お湯の温度は37~38℃。でも寒いと思ったらもっと上げていい。私は冬場は41℃で入っています
  2. 最低20分。長ければ長いほどいい
  3. 入浴剤でおすすめされているのは杉っこ

冷えとり本を読んだり、冷えとり関連雑誌を読んだ中で
半身浴は実はとても大切なものなんだと思いました。

お風呂に入っている間にどんどん毒出しをしてくれるそうです。

最低20分湯船につかるのが最初は大変でした。
平日の忙しい中でゆっくりお風呂に入る時間を取るのも大変だし、
入っている間も暇。
お湯の温度も37~38℃じゃぬるすぎてどうしたらいいのかわからない。

けれど、自分で試行錯誤してやってみて、
今まで一緒に入っていた子供たちに先に入ってもらったり、
一緒に入っても、本を持ち込んで30分湯船につかったりしてみました。

「お風呂の中で絵本を読んでいい」

子供たちは初めは「本が濡れるかもしれない」とおっかなびっくり入っていました。

でも、お風呂に半分フタをして、バスタオルを敷き、
そーっと入っていればそんなに濡れることもなく
湿気で本がよれよれになることもありませんでした。
(ただし、雑誌などは多少ふにゃっとします。)

熱いお湯にざばっと入るのが好きだった旦那さんも
半身浴のやり方を一つ一つ伝えたら、本を持ち込んで15分くらいは入ってくれるようになりました。

「お風呂に入っている間が一番毒だしする」
と聞いたら、家族にもなるべく長めに入ってもらいたいと思いました。
我が家、胃腸の弱い人が結構いるのです。

冷えとりさんの体験談を読んでいると、
お風呂のお湯がすごく臭くなったとか、
残り湯に砂のようなものが残っていたりなど
不思議体験もあるようです。
私はまだそういうのはないです。

それから熱が出た時も半身浴して寝ればいい、なんていう話があって
試してみたいのですが、熱が出ません。笑

でも半身浴自体が楽しくて、読書をゆっくりするのも楽しくて
今は毎日少なくとも1時間、余裕があれば2時間入っています。

汗をかきにくい体質なのに、半身浴中はだらだらぽたぽたと
汗が噴き出してくるのがすごいです。

スポンサーリンク




この記事を書いた人
キティ
arrow063_06.png キティのプロフィールを見る
arrow063_06.png Twitterでキティ (@kitty_1977)をフォローする
arrow063_06.png 当サイトのフェイスブックページ
arrow063_06.png キティへのメールはこちら

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 You can leave a response, or trackback.

コメント欄

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*